ドライブレコーダー 製品情報 | 東海クラリオン 株式会社 | 企業 法人 車載機器の専門商社 愛知 名古屋 三重 津 岐阜

For Vehicle Management

クラウド管理で

車両の“今”がわかる

GPS搭載 通信型ドライブレコーダー [D535L]

クラウドで便利に
システムで簡単に

D535L
--CLOUD DATA--SYSTEM--D535L---  SYSTEM IMAGE

映像データのクラウド化で、
車両の現在地や状況を確認。
車両管理システムとの併用で、
お客様の事業をサポート。

01

SYSTEM

オフィスで
リアルタイム映像を再生
記録・確認作業を簡略化

すぐに容量がいっぱい 過去の記録が残っていない 低画質でしか録画できない

映像記録の機能でお困りの方へ

トラック、バス、タクシーなど、自動車による運送業には欠かせない存在となったドライブレコーダー。事故防止やトラブル発生時の対応に役立つ映像記録ですが、従来のものでは、録画や保存の機能が十分でないこともあります。

保存容量がいっぱいで、
いざという時の録画ができない…。
確認したい場面から日数が経ちすぎていて、
記録が残っていない…。
長時間録画のために
画質を落とさなければいけない…。

こんなケースでお困りの方におススメなのが、当社の通信型のドライブレコーダーです。

EFFICACY
CLOUD DATA 映像と音声をクラウドに保存 遠隔でデータの確認・保存ができる 過去の映像に遡るのも簡単に  FRONT & BACK CAMERA 車体前方と車内の2カメラ一体型 外部からの衝突や危険運転の防止に 車内トラブルへの備えに

クラウド再生により
記録データ
の確認が容易に

撮影している映像と音声をクラウドで確認できます。SDカード上の保存データを確認することもできるため、1台ずつSDカードを取り出す必要はありません。

車体前方と車内の2カメラ一体型で、どちらもリアルタイム再生に対応しています。外部からの衝突や危険運転の防止はもちろんのこと、バスやタクシーなど、車内で起こるトラブルへの備えとして役立ちます。

アナログの作業を減らすことによって、車両管理やデータの確認による負担を大幅に軽減。スムーズな業務に貢献します。

02

MERIT

通信型だからこそわかる
車両やドライバーの安全と危険

Track solid

GPSにより車両の状態を
色分けして一目で見やすい

さらに需要が高まる運送業界。大量の案件を処理するためには、従来の車両管理をアップデートする必要があります。

『D535L』は、ドライブレコーダーでありながら、GPSによる車両管理にも活用できます。

独自の車両管理システムにより、ドライブレコーダー本体を設置した車両の位置情報を取得。モニター画面上のマップに表示されます。車両の状態は色別に分けられており、走行中は緑、停車中は赤、オフライン時は灰色と、一目で確認しやすい仕組みです。

現場の「欲しい」
反映した機能が充実

車体の衝撃や大きな揺れを感知して録画する「イベント映像機能」を搭載しています。該当時間前後の合計15秒間を自動でSDカードとクラウド上に保存します。振動の検知レベルは3段階から選択可能。頻繁に走行する道や積載する荷物に合わせてお選びいただけます。

その他、選択した車両の現在地と経路を表示する「トラッキング機能」や、エンジンONからOFFまでの走行履歴を表示する「トリップ機能」など、現場の「欲しい」を反映した機能が充実。独自の車両管理システム『Tracksolid』は、お客様にとって本当に必要な機能を搭載した車両管理システムです。

イベント映像機能 大きな振動など自動で検知 トラッキング機能 車両の現在地と経路を表示 トリップ機能 エンジン作動中の履歴を表示

03

SUPPORT

現在地確認や
到着時間の予測
GPSの活用で
業務を円滑に

通信型ならではの新しい活用を

GPSで車両やドライバーの“今”がわかることが、通信型ドライブレコーダー最大のメリット。バスやタクシーなど、走行中に起こったトラブルに対して映像記録が役立つのはもちろんのこと、その他様々なケースに活用可能です。

業務形態にフィットしたクラウドシステムの活用

車両の現在地を知ることで、レンタカー事業の稼働率の向上、スムーズなタクシーの手配。また、配送業では荷主様との連携もとりやすくなり、さらに迅速な対応ができることが期待できます。

ドライブレコーダーそのもののON・OFFがわかるので、「事故発生時、レコーダーの電源が入っていなくて録画できていなかった」といった、大きなトラブルに発展しかねない場面も未然に防止。マップ上で不自然に停車している車両の車内カメラを確認したら、ドライバーの体調不良が発覚し、素早い対応ができた、というケースも。

ON・OFFがわかる

事故発生時の
録画し忘れを防止

体調不良を停車
状況により確認

車両の現在地を知る

レンタカー事業の
稼働率の向上

スムーズな
タクシーの手配

配送業における
荷主様との連携

ドライブレコーダーの役割は、
「走行中の映像の記録」だけに
留まる時代ではありません。
多種多様なニーズや
業務形態に合わせ、
多角的な機能が必要とされています。

東海クラリオンがご提案する
通信型ドライブレコーダー
『D535L』は、
お客様の業務形態に
フィットした最適な
クラウドシステムの活用を
ご提供します。

映像データの
クラウド化と
車両管理システムとの併用で

お客様の事業を
強力サポートします。

車両管理システムはお手元の
PCやスマートフォンの
ブラウザから簡単にアクセス可能。

運送業務の利便性向上をお考えなら、
一度お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

call 052-331-4461

(受付)平日/ 9:00~12:00、13:00~18:00

お問い合わせ